競い合って学習する集団指導

学習塾の指導方法には、少数の生徒に先生一人の個別指導と、10人から20人ほどの多くの生徒に先生一人の集団指導のパターンがあります。集団指導は、一昔前では一般的な指導方法でした。1年を通じてのカリキュラムがあらかじめ定められており、受験に即した内容になっている点が特徴といえるでしょう。授業のレベルも高く、一定のペースで進み、個別指導と比べて授業料も安価なことから、多くの人が活用しています。集団指導のメリットは、ほかの生徒とともに学ぶことによって競争心が芽生えるということです。上位を目指してよく学ぶようになり、学習することに対してどん欲になります。 また、学校とは異なる環境で学習するので、活動範囲や友好関係が広がるという点もメリットです。

集団指導が向いている人

集団指導には様々なメリットがありますが、すべての人に集団指導が向いているというわけではありません。集団指導が向いている人には、いくつかの特徴があります。そのひとつが、積極的で、競争心があるという点です。集団指導では、一人一人に先生が丁寧に教えてくれるわけではありません。そのため、わからない点は積極的に質問しなければ解消しません。消極的でマイペースな人は臆してしまうこともあります。競争心がなければ、気後れしてしまう可能性もあります。また、ある程度の学力があり、学習習慣があるという点も向いている人の特徴です。 集団指導は、決められたカリキュラムで進むので、ある程度の学力と自分でわからないところを復習する学習習慣がなければついていけません。